環境衛生管理業務

人々の健康と快適な居住性を守ります。

環境衛生管理業務は、ビル内環境を衛生的に維持管理する業務です。「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」(ビル管理法)に維持すべき環境基準が定められていて、これらの基準が守られているか測定・点検し、基準に合致するように調整しています。


空気環境測定

空気環境については、浮遊粉塵・温度・相対湿度・CO・CO2・気流などの項目について定期的な測定を行っています。

水質検査

飲料水については、残留塩素の測定や水質検査を定期的に行い、貯水槽の清掃や給水管の洗浄なども行います。

また、10立方メートル以下の小規模受水槽も改正水道法により受水槽の亀裂・臭気・塩素濃度の定期的管理が義務づけられ、設備・水質の調査は今後もますます管理が重要視されています。

害虫駆除

ねずみ・昆虫の防除については、衛生害虫の生態を調べて、統一的に駆除しています。

緑化管理

企業や個人住宅の植栽・剪定など、緑化の維持管理を行っています。

このページの先頭へ